介護の味方、宅配介護食って知っていますか?

介護食と一般的な宅配食の違いとは?

「介護食」と「宅配食」のハイブリッド

介護に手助けを「宅配介護食」

それでは、「介護食」と「宅配食」の二つの特徴を併せ持つ「宅配介護食」について説明していきましょう。

「宅配介護食」は上記にもするした通り、両方の特徴を併せ持っており、栄養バランスに優れる上、高齢者向けに柔らかく調理されていたり、擂り潰されているといった介護食を各御家庭まで配達するサービスです。
加えて、糖尿病などの持病をお持ちの方に対する食事もあるので、自らの持病と共に過ごしている高齢者にはベストの食事なのです。

この「宅配介護食」は、食事の準備の負担軽減だけでなく、複数の献立の中から自ら選んでいくことでの認知症予防や、一人で住む高齢者の孤独感の解消や安否の確認といった面に関しても役に立っているのです。

「手料理」の意味

これらの介護食や宅配食では得られないものが、手作りの料理にはあります。
きっと、専門の施設で調理された介護食や宅配食に方が数段美味しいと思います。
しかし、手作りの料理というのは食べる人を笑顔にし、心に豊かさを与えてくれると思います。

介護することに関して、無理をしないという事はとても大事なことです。
是非、その中でも少し時間が出来た際には一品だけでも、簡単な物でも作ってあげてください。
そういった時間が、介護を受ける側にとっても、介護する側にとっても、心にゆとりを持つことにつながり、双方にとってかけがえない時間になっていくと思います。

本ページで「宅配介護食」に関して、説明させて頂いたことが、そんな方々にとって少しでも手助けになればと思います。


この記事をシェアする