介護の味方、宅配介護食って知っていますか?

介護食と一般的な宅配食の違いとは?

便利な宅配食の内容とメリット

現代の家庭の形に合ったサービス

次に「宅配食」について説明していきたいと思います。
ひとつに「宅配食」といってもいくつもの種類があります。
例えば、一月分の献立をパンフレットの中から選び、当日に届く食材や調味タレなどを同梱されている献立通りに調理するものや、すでに出来上がった料理が冷凍もしくはレトルトの状態で届き電子レンジで解凍、加熱するだけというものもあります。

料金は1食あたり700円~800円程度で1ヶ月15000円~20000円程度と通常の自炊をした場合よりも、割高になります。
いろいろな手間を省くといった意味では致し方ないところではあります。

しかし、近年この「宅配食」を利用している家庭が増加傾向にあります。
一体なぜ、皆さんは「宅配食」を利用するのでしょうか?
詳しくは次の項で説明していきます。

「宅配食」のメリットって?

それでは、まずは「宅配食」を利用することのメリットについて説明します。
大きなメリットは調理の手間や時間が必要ない、献立を考える必要がない、栄養バランスを気にしなくて良いと3つが挙げられます。

特に献立や栄養バランスを考える事はとても大変な作業で、1日3食365日となると1000食を超える数の献立を考えなくてはいけません。
加えて、食事というのは一品では成り立たず、複数の料理があって一つの献立となるのです。
その数の献立に対し、栄養面にまで気を遣うという事がどれだけ大変な事かわかると思います。

そのため、共働きの家庭や独身者の一人暮らしが増加している現代の社会には、これらのメリットがフィットしていることから利用者が急増しているのです。


この記事をシェアする